【日本語対応】おすすめ海外PS4ソフトをご紹介!

ポケモンシリーズはどれがおすすめ?ポケモン作品ランキング!

カントー地方

今や大ヒット作品となったポケモンシリーズ。
新作オリジナル・リメイク・マイナーチェンジの3つのモデルで販売されています。

今回はスピンオフを抜いた「ポケモン本編」のランキングです。

オリジナル・マイナーチェンジ・リメイクどれがいいの?

基本的におすすめは、リメイク>マイナーチェンジ>オリジナルの順です。
しかし世代によってはマイナーチェンジ版がなかったり、リメイクが発売されていません。

◆ポケモンシリーズのオリジナル・マイナーチェンジ・リメイク一覧
(画像クリックでAmazonの商品ページを確認できます)

オリジナルマイナーチェンジリメイク
ソード・シールド

ポケモンシリーズのマイナーチェンジ版

ポケモンでのマイナーチェンジとは「同一世代で同じ地方を舞台とした作品」のことです。基本的な部分は同じで要素の追加がなされています。

厳密には違いますが、「完全版」と考えれば分かりやすいと思います。
例えば「サンとウルトラサンどっちを買おうかな?」と悩んだ場合はマイナーチェンジ版であるウルトラサンを買えば間違いありません。

マイナーチェンジ版の特徴
・オリジナル版と同一世代で同一地方を舞台としている
・元のイベントを残しつつ、イベントが追加されている
・フューチャーされるパッケージのポケモンが変更されている

ポケモンシリーズのリメイク版

ポケモンでは古いプラットフォームで発売された作品が、現行のゲーム機に移植されて発売されることです。
リメイクされることで旧作品を最新のゲーム機でプレイすることが可能となります。

基本的なストーリーは同じですが、グラフィックが向上しており、システムが大幅に異なります。

例えば「ルビーとエメラルドとオメガルビーどれを買おうかな?」と悩んだ場合はリメイク版であるオメガルビーを買うのがいいでしょう。

リメイク版の特徴
・グラフィック・BGMの改良
・オリジナル版とリメイク版の間の作品の要素が盛り込まれる場合が多い
・ストーリーの追加

ポケモンおすすめソフトランキング

第6位 ポケットモンスター プラチナ

発売日2008年9月13日
世代第4世代
ハードDS
国内売上260万本
備考『ダイヤモンド・パール』のマイナーチェンジ版。

前作にはなかった『やぶれた世界』が追加され、詳しく語られなかったギラティナがストーリーに登場。
好評だった『バトルフロンティア』の追加などDSポケモンの中でもやり込み要素が盛りだくさんとなっています。

『クレセリア』『ガブリアス』『ロトム』『ヒードラン』など強力なポケモンが一斉にデビューし、最強との呼び声も高い世代となっています。

第5位 ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン

発売日2017年11月17日
世代第7世代
ハード3DS
国内売上245万本
備考『サン・ムーン』のマイナーチェンジ版。

第7世代『サン・ムーン』のマイナーチェンジ版であり、3DS最後のポケモンシリーズ。
新要素は1バトル1回のみ使える必殺技『Zワザ』や、ウルトラビーストと呼ばれる伝説のポケモンが登場しました。

『サン・ムーン』にはなかった『ウルトラホール』と呼ばれる新マップが追加され、これまで登場したすべての伝説・準伝説のポケモンが登場するというかなり嬉しい要素が追加されています!
さらにこれまで登場した、すべて悪の組織とボスが登場するという3DSの集大成に相応しい内容になっています。

ハワイが舞台のアローラ地方は雰囲気が良く、内容も申し分なし!新規も古参も楽しめる作品になっています。

第4位 ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア

発売日2014年11月21日
世代第3世代
ハード3DS
国内売上312万本
備考『ルビー・サファイア』のリメイク版。

GBAで発売されていた『ポケットモンスター ルビー・サファイア』のリメイク。
システム面は同じ3DSで先行して発売された『ポケットモンスター X・Y』に準拠しており、XYで登場した『メガシンカ』にまつわるエピソードが加えられている。

『キノガッサ』『ボーマンダ』『メタグロス』などの強力なポケモンが本作からデビューしました。

当時、ルビサファをプレイしていた世代におすすめしたい作品です!

第3位 ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2

発売日2012年6月23日
世代第5世代
ハードDS
国内売上304万本
備考シリーズ初のナンバリングを冠した続編。

ポケットモンスターシリーズでは初のナンバリングが付与された作品。また、2Dドットを用いた最後の作品になっています。
BWから2年後のイッシュ地方を旅する新しい内容のポケモンになっています。

前作とは主人公、一部ジムリーダーの変更、マップの追加や削除など違いが多いです。前作(BW)ではクリア後でしか登場しなかった過去シリーズのポケモンが最初から登場する点が好評です。

『ローブシン』『ナットレイ』『サザンドラ』『ボルトロス』『ランドロス』などのポケモンたちがこの第5世代からデビューしました。

BWの続編ではありますが、前作未プレイで本作から始めても問題ありません。

第2位 ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー

発売日2009年9月12日
世代第2世代
ハードDS
国内売上392万本
備考『金・銀』のリメイク版。

ポケモンシリーズの中でも特に人気の高い『ポケットモンスター金・銀』のリメイク。
懐かしさと新しさを両立させ、金銀を遊んだユーザーと新規のユーザーどちらも納得の完成度の高い作品になっています。

『バンギラス』『ヘラクロス』『ハッサム』『ポリゴン2』『スイクン』などの強力なポケモンがデビューし、「厨ポケ」という概念ができ始めた世代になっています。

DSの作品ということもあり、グラフィック面では劣りますが面白いポケモンがやりたいという方は本作がおすすめです!

第1位 ポケットモンスター X・Y

発売日2013年10月12日
世代第6世代
ハード3DS
国内売上448万本
備考完全新作としては7作目。

3DS初のポケモンシリーズ。すべてのポケモンが3Dモデルとなり、フィールドも立体化するなどビジュアル面が一新されました。
新要素としては新タイプの『フェアリータイプ』の追加や『メガシンカ』などポケモンバトルの歴史を変える大きな追加要素があります。

本作からデビューの強力なポケモンは『ゲッコウガ』『ファイアロー』『ギルガルド』『ビビヨン』など。またポケモンファンに衝撃を与えた『メガガルーラ』が本作から登場。

ポケモンが初めての方に一番おすすめなのがこの『ポケットモンスターX・Y』になります。

コメントを残す