【Amazonプライム】1日あたり14円で動画見放題・音楽聴き放題・本読み放題

未プレイなんてもったいない!DSの隠れた名作・良作

もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド

DSには数多くの名作があります。
その中でもなるべく知名度が低いけどめちゃくちゃ面白い「隠れた名作」を探してみました。

今回はそんなDSの隠れた名作をご紹介します!

もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド

ゼルダの伝説シリーズで登場しているキャラクター・チンクルが主人公のスピンオフ作品。 正統派のゲームが多い任天堂にしては非常にシュールかつブラックな内容となっています。

お金をメインにしたRPGという斬新なテーマであり、ゼルダの伝説らしい謎解きを重視した作りになっている。
『ルピー』はゼルダの伝説シリーズの通貨以上に重要な役割を担っている。このゲームでは何をするにも価格交渉を求められるが『ルピー=命』となっているため、上手く交渉しなければルピーが尽きてゲームオーバーとなってしまう。

非常に評価の高いゲームとなっており、正に『DSの隠れおすすめゲー』に相応しいタイトルとなっています。

管理人

チンクルということで期待はしてませんでしたが、まさかこんなに面白いなんて!

いろづきチンクルの恋のバルーントリップ

高評価であった『もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』の続編。
前作のテーマが「お金」だったのに対し、本作でのテーマは「女性」となっている。前作では「RPG」であったジャンルが本作では「アドベンチャー」となっており、謎解き要素が増えている。

このゲームでは女性に気持ち悪がられ散々な目に遭うチンクルが、プレゼントにより彼女たちの好感度を上げていくのが特徴。

続編でありながら大きくゲーム内容を変え、オリジナリティが増していて前作に引き続きユーザーから高い評価を得た名作です。
未プレイの方に是非お勧めの作品になっています!

メトロイドプライム ハンターズ

プライムシリーズの3作目であり、前2作と違ってロックオン機能がない純粋なFPSゲーム。

十字キーとタッチペンの両方を使った操作でDSらしい操作感となっている点とキレイなグラフィックが好評。
FPSが好きな方なら間違いなくハマる作品になっています。ソフト1本で4人まで対戦可能な点も非常に優秀。

管理人

対戦ではサムス以外にもキャラが使えるので対戦が激熱でした!

すばらしきこのせかい

『キングダム ハーツ』『ファイナルファンタジーシリーズ』の制作スタッフが開発を担当するアクションロールプレイングゲーム。
主人公・ネクが自らの存在をかけて、突如現れた「死神」のゲームに参加する物語。

周囲にいる人の思考の断片を読み取り、ミッションのヒントとなる情報や鍵を手に入れる「サイキックスキャンシステム」や、下画面でタッチペンを使い思いのままに敵を斬り、上画面はボタン入力でカードを選んで敵を攻撃する「ストライドクロスバトル」が特徴です。

2019年9月27日にSwitchでのリメイクが発売されています。

ゴースト トリック

逆転裁判シリーズを手掛けた「巧舟」氏の新作である新感覚ミステリーアドベンチャー。
死者である主人公のセシルは『トリツク』や『アヤツル』といった”死者のチカラ”を使って、目の前にいる見知らぬ女性リンネを、彼女の命を狙うコロシヤから守ることとなる。

能力を使って画面上のギミックを発動させ、移動手段を確保したり死の運命を妨害するというピタゴラスイッチ的なゲーム内容となっている。
失敗を繰り返し、何度もリトライしながら試行錯誤することが基本となる『トライアンドエラー』のゲームです。

流星のロックマン3 ブラックエース

流星のロックマンシリーズの第3弾にしてシリーズ最高傑作。

そんな本作では新たな概念である『ノイズ』が登場します。無属性カードで攻撃すると「ノイズ率」が上昇していき戦闘が有利になるというものです。
そしてもう一つの新要素『ノイズチェンジ』。『エグゼ2』と『エグゼ3』に存在した「スタイルチェンジ」のように戦闘によって形態変化が発生するというものです。

これらの新システムが戦闘をより楽しいものにしており、従来のファンからも高評価を得ています。
ストーリーに関しても「巨大隕石の襲来」と言う展開に始まり、シリーズの最終作らしい集大成の作品になっています。

数陣タイセン

数字が書かれた札を盤の上で繋げて役を作り、得点を競う対局型のボードゲーム。
単純なようで奥が深いゲームルールそのものがよくできていて、何度でも遊べる作りになっています。

正に『隠れた名作』に相応しいタイトルです!

管理人

発売当初からずっと気になっていて、10年以上経ってから買いましたが当たりでした!

激闘!カスタムロボ

大人気カスタムロボシリーズがDSで登場。64版を再現したゲームデザインとなっており、ロボのデザインに細かいディテールが加えらている。

カスタムロボではロボ・ガン・ボム・ポッド・レッグの本体+4ヶ所に好きなパーツを組み合わせてカスタマイズすることが出来る。シリーズのファンはもちろん、ロボットやプラモデルが好きな方は間違いなく楽しめる作品です。

超操縦メカ MG

巨大な機械化人形「MG(マリオネーションギア)」を操縦してミッションをクリアしていくアクションゲーム。
各MGには個性的なコックピットが設定されており、下画面でタッチアクションを行うことで攻撃などのアクションを行うことが可能です。

MGには車や重機に変形するタイプ、昆虫型や弓を扱うタイプなど個性的な機体が存在しており、コックピットのバリエーションもそれぞれ異なります。

70~80年代を彷彿とさせるロボデザインに、コックピットでの操作とメカ好き・ロボ好きなら絶対に楽しめる作品になっています!

管理人

めちゃくちゃ硬派なロボゲーです!

だれでもアソビ大全

「トランプ」や「将棋」などのテーブルゲームや「ダーツ」「ボウリング」といったゲームをDSのタッチ操作で実現したバラエティゲーム。

『おてがるトランプ』『おとなのトランプ』『トリッテイキング』『和風ゲーム』『ボードゲーム』『バラエティゲーム』『アクションゲーム』とジャンルは豊富で、どのゲームも簡単操作でシンプルながらつい熱中してしまうものばかりです。

1つのソフトで最大8人まで遊べるので、盛り上がること間違いなしのおすすめゲームです!

管理人

個人的には「ことばさがし」がお気に入り!

その後発売された『Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全』では一部収録ゲームが変更されています。

追加ゲーム
「テキサスホールデム」「グリッドアタック」「ドット&ボックス」「ルドー」「ドミノ」「マージャンソリティア」「だっしゅつパズル」
削除ゲーム
「ナポレオン」「ゴニンカン」「ぼうずめくり」「すごろく」「ラストワン」「シーソーゲーム」「おはじきゴルフ」

収録ゲームでどちらを買うか決めるのをお勧めします。

管理人

グリッドアタックが面白いです!

スローンとマクヘールの謎の物語

質問と回答を繰り返して物語の全体図を推理していく水平思考ゲーム。

「ウミガメのスープ」のような一回聞いただけでは謎や背景が分からない問題について、出題者に「はい」「いいえ」「関係ない」で答えられる質問をすることで正解に辿り着くというものです。
全80話でボリュームは十分です。ひとつひとつの話が短編の小説のような面白さがあり、じっくり楽しめる作品になっています。

放課後少年

コナミデジタルエンタテインメント

「あの頃の放課後をもう一度…」昭和版ぼくの夏休み的な作品。

タイトル通り、学校が終わった後の時間を気ままに遊べてほのぼのできるというゲーム内容と、友情が軸となっているストーリーが好評。
『ぼく夏』をイメージして遊ぶと、若干のボリューム不足感は否めません。

昭和の懐かしさ・雰囲気を楽しめる作品になっているので、その点では文句のない良作です。

サバイバル・キッズ~Lost in Blue~

サバイバル生活をしながら、無人島を脱出を目指すサバイバルシュミレーションゲーム。脱出方法によりエンディングが異なる。
本作ではマイクやタッチペンを使ったDSらしい操作が追加されています。

序盤の餓死によるゲームオーバーのシビアさが緊張感があります。それは食糧を確保することで解消できますが、その食糧探しがとても面白いです。

DSでサバイバルゲームというオンリーワンなゲームジャンルが魅力的な良作です!

ノーラと刻の工房 霧の森の魔女

導刻術で依頼を達成したり、冒険をしたりして街の人々との絆を深めていくRPG。ガストの『アトリエシリーズ』とよく似たゲームシステムです。

3年間という限られた時間の中で効率よく作業していくことが重要となり、その経過によってエンディングが決まるマルチエンディングとなっています。それだけ聞くと窮屈なように感じるかもしれませんが、非常に軽快でどんどん進められるゲームなので、周回前提でトゥルーエンド目指して何度でも遊べるゲームになっています。

ほのぼのした世界観のゲームや錬金術が好きといった方におすすめのゲームです!

管理人

アトリエ好きは間違いなくハマります!逆にこの作品が好きならアトリエシリーズも遊んでみてください!

ロックマン ゼロ コレクション

『ロックマン ゼロ』シリーズの4作目までがDS用として完全収録された作品。
イージーモードが追加されたことにより、1~4までのストーリーを追うことが容易となっています。

2Dゲームとしての完成度は申し分なく、GBAで遊んでいやユーザーも新規のユーザーも楽しめる作品になっています。

あわたま

ヨーロッパで発売され、斬新な操作方法や、ユニークでカワイイ世界観で高評価を得た本作が遂に日本上陸。
魂をシャボン玉に包んで、ゴールまで運ぶというパズル要素の強いアクションゲームになっています。

シャボン玉の特性を活かした要素が盛り込まれており、タッチペンで直感的に操作できる操作感が好評です。

知名度が低く『隠れた名作』に相応しいタイトルになっています。

管理人

海外のゲームだと言われなきゃ気付かないデザインですよね!

コメントを残す