【Amazonプライム】1日あたり14円で動画見放題・音楽聴き放題・本読み放題

【DBD】殺人鬼(キラー)の最強パークランキング【デッドバイデイライト】

デッドバイデイライト

Dead by Daylightのキラー最強パークのランキングです。
どのキラーでも使える汎用性の高いものから中心に選ばれています。

初心者必見のキラーのおすすめパークをランキング形式で紹介します!

管理人

パークが増えてきたのでTOP10→15に増やしました!

殺人鬼最強パークランキング

第1位 呪術:誰も死から逃れられない

パーク効果
呪術:誰も死から逃れられない脱出ゲートが通電したとき、通常のトーテムどれか一つが呪いのトーテムに変化。
以下の効果を得る。
・生存者に無防備効果を付与する。
・移動速度が(2/3/4%)上昇する。
ただし、付与された呪いのトーテムが破壊されると効果は消える。

「呪術:誰も死から逃れられない」の説明
アップデートでゲーム終了時まで殺人鬼のパーク構成を見れなくなったため、最大の弱点であった生存者パーティーにノーワンがバレるという弱点を克服し、ついに最強のパークとなりました。
また、パークLv1から無防備効果がつくようになったため、非常に使いやすくなりました。
発動後は呪いのトーテムを破壊するまで生存者はフック救助が非常に困難になります。できるだけ呪いのトーテムの近くに生存者を吊るすようにしましょう。

第2位 バーベキュー&チリ

パーク効果
バーベキュー&チリ生存者をフックに吊るした際に(52/46/40m)以上離れた生存者のオーラを4秒間視ることができる。
各生存者を初めて吊るした際に獲得ブラッドポイントが(15/20/25%)上昇する。

「バーベキュー&チリ」の説明
生存者をフックに吊るしたあと周りを見渡し、残りの生存者がすべて視えるかどうかを判断します。
視えない場合近くまで来ている可能性があるので周囲を警戒しましょう。強力な生存者探索効果と獲得BPアップの効果のセットなのでキラーの必須パークといえるでしょう。

第3位 呪術:破滅

パーク効果
呪術:破滅(2/3/4人)の生存者の発電機修理に対して2つの呪いを与える。
Good発生時:発電機の修理が5%減少する
Great発生時:発電機の修理進行ボーナスを0%にする

「呪術:破滅」の説明
生存者はスキルチェックの度にグレートを出さなければ発電機の修理が減少してしまうため、修理までの時間が大幅に増加します。
また呪いのトーテムの破壊を狙ってくるため、生存者の動きを読みやすくなります。キラーの全パークの中で最も脅威となる強力なパークです。

第4位 死恐怖症

パーク効果
死恐怖症すべての生存者は負傷・這いずり状態・フックに吊るされている生存者の数(※)に応じて修理・治療・破壊工作の速度が低下。
低下率は一人当たり(3/3.5/4%)、最大4人分で(12/14/16%)。

「死恐怖症」の説明
負傷状態の人数に応じて効果が上がるため、生存者側はフックからの救助や自分、または他の生存者の手当てを優先的にしなければなりません。
発電機の修理時間を奪うという点で非常に優秀なパークです。

第5位 選択は君次第だ

パーク効果
選択は君次第だ生存者がフック救出された時(48/40/32m)以上離れていれば効果発動。
60秒間フック救出を行った生存者を一撃で這いずり状態にできる。

「選択は君次第だ」の説明
フック救助時はキラーは基本的に負傷している救助された生存者を狙いますが、「選択は君次第だ」により救助された側と救助した側どちらを狙ってもいい状況を作れます。
この場合「選択は君次第だ」対象の救助した側を狙った方がよいですが、倒しやすい方を狙いましょう。

第6位 オーバーチャージ

パーク効果
オーバーチャージ発電機破壊アクション後に最初にその発電機を修理した生存者に対して効果発動。
その生存者は(少し/そこそこ/とてつもなく)難しいスキルチェックに直面する。
スキルチェック失敗:発電機の進行度が追加で(3/4/5%)減少する。
スキルチェック成功:ゲージ増加のボーナスが0%になる。

「オーバーチャージ」の説明
破壊アクションを行った発電機で初回に難しいスキルチェックを生存者へ強制させます。
スキルチェック失敗の爆発により位置の把握が容易となります。修理速度の減少と位置把握ができる強力なパークです。
生存者が発電機修理に慣れていない初心者の場合、このパークのみで完封できる可能性があります。

第7位 ずさんな肉屋

パーク効果
ずさんな肉屋負傷・這いずり状態の生存者の出血量を(少し/そこそこ/かなり)上昇させる。
さらに、生存者に重傷効果(回復速度低下)を付与する。

「ずさんな肉屋」の説明
負傷させた生存者の出血量を増やし、回復速度を低下させます。
負傷状態が長引くことで生存者が不利な状況を作り出せます。
死恐怖症と非常に相性が良く、併用することで生存者の発電機修理を効率よく遅延させることができます。
呪いのトーテムが壊されると効果がなくなってしまう「呪術:破滅」よりも「死恐怖症」&「ずさんな肉屋」の方が遅延効果が望めます。

第8位 看護婦の使命

パーク効果
看護婦の使命(20/24/28m)以内にいる治療中、または治療を受けている生存者のオーラを視ることができる。

「看護婦の使命」の説明
生存者はナースが接近している状態での治療が困難となり、負傷状態での時間が長くなります。
いち早く傷の手当てをしたい生存者にとって、その行動を封じられる厄介なパークです。

第9位 まやかし

パーク効果
まやかし窓を乗り越える速度が(5/10/15%)上昇する。
最後に乗り越えた窓を(8/12/16秒間)封鎖する。

「まやかし」の説明
徒歩キラーに必須のパークです。
窓枠を封じることでサバイバーに強い地形でグルグル回られるのを防ぎ、チェイス時間を大幅に短縮できます。

窓が2つ続く地形では効果を発揮できないので注意。

第10位 不屈

パーク効果
不屈パレット(板)によるスタン時間が(40/45/50%)減少する。

「不屈」の説明
板をぶつけられた際のスタン時間を短くするパークです。
板破壊を早くする「野蛮な力」と比較されることが多いですが、不屈を付けて相打ち覚悟で突っ込んだ方がいい場合が多いです。

板をぶつけられてもいいから積極的にサバイバーに攻撃を当てたい人におすすめです。

第11位 囁き

パーク効果
囁き生存者が(48/40/32m)以内にいるとき、囁き声が聞こえてくる。

「囁き」の説明
生存者が近くに隠れている場合、それを検知することで見逃してしまう確率が減ります。生存者にとって上手く隠れていてもバレてしまうという厄介なパークです。

第12位 イタチが飛び出した

パーク効果
イタチが飛び出した生存者をフックに吊るしたとき効果が発動。
次に破壊する発電機の修理進行度を即座に25%減少させる。
この効果は生存者をフックに吊るした後(40/50/60秒)有効。

「イタチが飛び出した」の説明
サバイバーをフックに吊るした後、最初に破壊する発電機の進行度を大幅に後退させる。
効果には制限時間があるので、吊るす前に進んでいる発電機の目星をつけておくと良い。

終盤になるほど発電機の数も減ってくるので、サバイバーにとって脅威となるパーク。

第13位 野蛮な力

パーク効果
野蛮な力パレットと発電機を破壊する速度が(10/15/20%)上昇する。

「野蛮な力」の説明
板と発電機の破壊速度が上がるパーク。板がメインで発電機はおまけである。
板破壊速度が上がることでサバイバーを見失いづらくなる。

序盤のチェイスではなるべくサバイバーに板を使わせるようにすると後半楽になります。

第14位 呪術:貪られる希望

パーク効果
呪術:貪られる希望生存者がフックから救助されたとき、24m以上離れていればトークンを獲得する。
・2トークン:吊るした10秒後、移動速度が10秒間(3/4/5%)上昇。
・3トークン:生存者を一撃で這いずり状態にできる
・5トークン:生存者を殺害できるようになる
ただし、付与された呪いのトーテムが破壊されると効果は消える。

「呪術:貪られる希望」の説明
生存者がフックから救助される度にトークンを貯めて、効果が強力になるパーク。

効果の発動まで時間がかかり、呪いのトーテム破壊で無効化されるので扱いが難しい。
しかし、3トークンまで貯めれば非常に強力で手の付けられないパークとなる。

狩りの興奮とセットで使うのがおすすめです。

第15位 苦悶の根源

パーク効果
苦悶の根源心音範囲が(22/24/26%)増加する。
邪悪カテゴリの獲得ブラッドポイントが(50/75/100%)増加する。

「苦悶の根源」の説明
心音範囲を拡大させ、獲得BPを増やすパーク。
マイナス効果に見える心音範囲拡大だが、サバイバーに接近していると勘違いさせ発電機修理を妨害することができる。

4 COMMENTS

コメントを残す