【Amazonプライム】1日あたり14円で動画見放題・音楽聴き放題・本読み放題

【A5 PRIGMA CONTROL STICKS レビュー】指にフィットする角度付きの新フリーク【PS4/Switchプロコン/XboxOne対応】

A5 PRIGMA CONTROL STICKSアイキャッチ

wol

どうも、wol (@GameMark555)です!

FPSやTPSで重要なエイムのサポートやアシストをしてくれるアイテムとして有名なのが、スティックの高さを変更できる「フリーク製品」です。

そんなフリークの定番といえば、多くのユーザーに愛用されているKontrolFreekのVortexで、最近発売したISHIN GAMINGのプロフリークも話題となりました。

今回ご紹介するのは、A5(エーファイブ)から発売された新フリークである「A5 PRIGMA CONTROL STICKS」です。

A5 PRIGMA CONTROL STICKS 商品画像

指にフィットするSmoothFit構造という設計になっている新フリークです。

wol

A5さんの公式Twitterで発表されたときから、発売を楽しみにしていた製品です!

A5 PRIGMA CONTROL STICKSの外観とパッケージ

パッケージはこんな感じです。
A5 PRIGMA CONTROL STICKSパッケージ

セット内容はこんな感じ。
フリークだけかと思ったらスティックを保護するシートも付いていました。
A5 PRIGMA CONTROL STICKSセット内容

画像だと少し分かりづらいかもしれませんが、保護シートは細長い形状のものが何枚もあります。

A5 PRIGMA CONTROL STICKSのセット内容

  • HIGHスティック(高)
  • MIDスティック(中)
  • コントローラースティック保護シート

A5 PRIGMA CONTROL STICKSの使用感と特徴

PRIGMA CONTROL STICKSを実際に使ってみての使用感と特徴をご紹介します。

ここで紹介するのはこちら

  • 幅広いコントローラーに対応
  • 綺麗なカラーと使いやすいデザイン
  • 角度付きの新フリーク
  • HIGHとMIDDLEの2つの高さ

PS4以外の幅広いコントローラーにも対応

A5 PRIGMA CONTROL STICKS 対応コントローラー

対応コントローラー

  • PS4コントローラー
  • PS5コントローラー
  • Xbox One
  • Nintedo Switch Proコントローラー

PS4コントローラー、Switchプロコントローラー、Xbox Oneコントローラーではそれぞれスティックのサイズが異なります。そのため、通常は「PS4用」「XboxOne用」のように若干サイズを変えて別商品として販売されています。

vortex2種類

Vortex 左:PS4用、右:XboxOne用

そんな中、A5のPRIGMA CONTROL STICKSはこれ1つでPS4/XboxOne/Switchプロコンのすべてに対応しています。

wol

これ一つで済むのはありがたいですよね!

PS4コントローラーだとキツめの装着感

PRIGMA CONTROL STICKSは、異なる大きさのスティックに対応する絶妙なサイズ感に調整されています。
しかし、小さいスティック寄りの設計なので、スティックが大きめのPS4コントローラーだと結構キツめです。

実際にPS4コントローラーに着けてみましたが、結構ギリギリなので取り付ける際に爪がひっかかって傷をつける可能性があります。
A5 PRIGMA CONTROL STICKS スティックに傷

wol

付属の保護シートってこれを防ぐためですかね?

幅広いコントローラーで使えるので良く言えば万能、悪く言えば最適化されていないといった感じです!

綺麗なカラーと使いやすいデザイン

A5 PRIGMA CONTROL STICKSを最初見たときからターコイズカラーがとても良いなと思っていました。指を置く部分のデザインもとても細かくて綺麗です。

台座部分は本体の綺麗なカラーと合うクリアなポリカーボネート製で、スティック部分はシリコンゴムでできています。

A5 PRIGMA CONTROL STICKSアップ

最近プロフリークをレビューしたばかりなので、こちらは細かなところの作りの粗さが若干気になりますね。しかし、使う分には全く問題ありません。

維新ゲーミング プロフリークアイキャッチ 【PRO FREAK(プロフリーク)をレビュー】世界初の特許技術!高さ調整可能なPS4/PS5用フリーク【維新ゲーミング】

角度付きの新フリーク

PRIGMA CONTROL STICKSの特徴は何といっても角度付きであることです。

少し前に発売したISHIN GAMINGの「プロフリーク」も高さ調整ができる世界初のフリークとして話題でしたが、それに続く形で今までになかったフリークが出るのは面白いですね。

wol

“角度をつける”というシンプルな発想ながらも従来のフリークと差別化させたことに感心しました!特許庁へ意匠申請中とのこと!

実際にPRIGMA CONTROL STICKSをPS4コントローラーに着けてみるとこんな感じです。
A5 PRIGMA CONTROL STICKS スティック装着

そのまま着けるというよりは、若干斜めにして指の角度に向きを合わせる感じですね。
表面のデザインを見ることで、向きが一発で分かるようになっているのも親切です。

フリーク製品の形状は凹型か凸型が定番ですが、PRIGMA CONTROL STICKSはそのどちらでもありません。
A5 PRIGMA CONTROL STICKS スティックの形状

パッと見だと凹型に近いのですが、指を置く部分が平面になっているので癖がありません。

wol

このスティックの形状と角度がユーザーの指へのフィット感を生み出しているようですね!

指を置く部分のグリップ感に関しては、指に汗をかくと結構滑るようになります。
しかし、外周部分は少し盛り上がった形になっているので、一般的な凹型ほどではありませんが、物理的な指のストッパーになってくれてます。

「凹型は使いにくい、好みではない」という方でも使いやすい形状になっていますので、凸型派の方もぜひ試してみてください!

HIGHとMIDDLEの2つの高さ

PRIGMA CONTROL STICKSには、キャラクターの操作性を向上させるMIDタイプエイムの正確性を向上させるHIGHタイプの2種類の高さが入っています。

A5 PRIGMA CONTROL STICKSタイプの高さ比較

左のMIDタイプは高さ8.6mm、右のHIGHタイプは高さ12.2mmだそうです。

フリーク製品の定番である「左スティックは低め、右スティックは高め」に作られているのも、ユーザーのニーズに応えている感じで良いですね!

A5 PRIGMA CONTROL STICKSの商品説明の表記にミスを発見

商品ページの画像を見てみると、HIGHタイプとMIDタイプは高さ以外にも、高低差による角度が違います。
このあと説明しますが、2020年1月5日まで商品ページで使用されていた画像は数字の表記にミスがあったそうです。
A5 PRIGMA CONTROL STICKS角度について

wol

このレビューを書き始めたタイミングでは、画像は修正前のものが使用されていたため、「MIDタイプは角度が浅くて、HIGHタイプはそれよりも角度が急」という認識でした。

しかし、実際にPRIGMA CONTROL STICKSを使用してみたところ、2つのタイプで角度差がないように感じたので測ってみることにしました。

A5 PRIGMA CONTROL STICKS 高さ計測

商品説明と同じく「コントローラー本体スティック上部」から計測

0.1mm単位までは測っていませんが、MIDタイプが「6mm-9mm」の高低差3mmでHIGHタイプと同じ高低差になっていますよね。
そこで、分かりやすいように高さを合わせて計測してみました。
A5 PRIGMA CONTROL STICKS タイプ別の高さ

同じに見えますよね。この時点で、「自分が購入したものがハズレだった」か「商品説明の画像の数字が間違っている」のどちらかだと思いました。

そこでTwitterでA5さんに質問をしてみることにしました。

このような経緯で商品説明の画像の方が間違っていたと判明したわけです。
実際には商品説明に書いてあるほどの高低差はなく、もう少し浅いとのこと。

A5 PRIGMA CONTROL STICKS高さの画像修正

wol

修正後の画像ではHIGHタイプの方の数字も0.1mm単位まで表記され、分かりやすくなりました!

僕は0.1mm単位まで測ってはいなかったので、どちらも全く同じだと思っていましたが、実際にはほんの少しだけ違いがあるそうです。
実際に使っていて認識できる差ではありませんが、その少しの違いにA5さんのこだわりを感じますね。

修正前と修正後の高低差まとめ
MID:6.2mm-7.8mmで高低差は1.6mm
HIGH:9mm-12mmで高低差は3mm
MID:5.5mm-8.6mmで高低差3.1mm
HIGH:8.6mm-12.2mmで高低差3.6mm

実際に僕は、修正前の画像を見て「MIDタイプは角度が浅くて、HIGHタイプはそれよりも角度が急」という認識で購入しましたが、実際はそうではなかったため気付くことができました。恐らく他の購入者やレビュワーの方でも気付いていない内容だと思います。

ユーザーが製品のどこに魅力を感じて購入するかはそれぞれです。そのため、今回のA5さんに限りませんがメーカーさんには商品説明や表記には気をつけてほしいと感じました。(それでもミスがあるのは仕方ないけど)

wol

どんな製品でも気付いたことがあったらメーカーに連絡してみよう!

今回メーカーのA5さんに連絡をしましたが、とても早く修正対応をしていただけました。製品の細かな高低差についても丁寧にご説明いただけて分かりやすかったです!

A5 PRIGMA CONTROL STICKSのまとめ

A5 PRIGMA CONTROL STICKS 商品画像

A5 PRIGMA CONTROL STICKSの特徴

  • 幅広いコントローラーに対応
  • 綺麗なカラーと使いやすいデザイン
  • 角度付きの新フリーク
  • HIGHとMIDDLEの2つの高さ

A5 PRIGMA CONTROL STICKSは、角度がついた新フリークです。
シンプルながらも従来のフリーク製品にはなかった機能で、発想で勝負してきた感じが良いですね。

wol

機能だけでなくカラーやデザインもこだわってる感じが好きです!

僕の場合は、PS4コントローラーでの使用がメインなのでキツさが気になりますが、他のフリークでは不可能な幅広い種類のコントローラーで使用できるのも魅力です。
「Switch対応版欲しかったのに、PS4対応版を買ってしまった」というようなミスもなくなってユーザー的にも助かりますね。

PRIGMA CONTROL STICKSは、面白い製品ですので気になる方はぜひ購入してみてください!

維新ゲーミング プロフリークアイキャッチ 【PRO FREAK(プロフリーク)をレビュー】世界初の特許技術!高さ調整可能なPS4/PS5用フリーク【維新ゲーミング】

コメントを残す