【Amazonプライム】1日あたり14円で動画見放題・音楽聴き放題・本読み放題

【Brook PowerBay/Crimsonをレビュー】GCコントローラーがそのまま接続できる新型Switchドック【パワーベイ】

Brook PowerBay

wol

どうも、wol (@GameMark555)です!

スマブラをプレイするとき、みなさんはどのコントローラーを使用していますか?

プロコンやホリコンなど選択肢が多いですが、最もおすすめされているのがゲームキューブコントローラーです。

そんなGCコントローラーを使うときのデメリットは、「接続タップが必要」という点と「テーブルモードで使えない」という点でした。

今回、それらの問題点を改善した新しいSwitchドックが登場しました。それが、この「Brook PowerBay」と「Brook PowerBay Crimson」です。

Brook POWERBAY_CRIMSON商品画像

ゲームキューブコントローラーを使うスマブラプレイヤーなら、絶対に欲しい便利な新型Switchドックなんです!

MEMO
本記事はBrook様からの提供により作成しております。

Brook POWERBAYとCRIMSONの外観とセット内容

パッケージはこんな感じ。
通常版が「PowerBay(パワーベイ)」、赤い方が「PowerBay Crimson(パワーベイクリムゾン)」です。
POWERBAYとCRIMSONパッケージ

裏面はこんな感じ。それぞれの機能が書かれています。
PowerBayはBuletoothをサポートしており、CrimsonはBluetooth非対応という違いがあります。
POWERBAYとCRIMSONパッケージ裏

セット内容はシンプルに本体のみで、その他の付属品などは特にありません。
紙の説明書は入っていないので、説明はQRコードを読み取ってサイトで確認しましょう。
POWERBAYとCRIMSONセット内容

Brook PowerBayのセット内容

  • 1× POWERBAY/POWERBAY CRIMSON本体
  • 1× 取り扱い説明(QRコード)

ゲームキューブのような本体デザイン

Brook PowerBayはゲームキューブのような本体デザインになっています。
POWERBAY本体

PowerBay Crimsonは名前の通り深い赤色が特徴的です。
POWERBAY CRIMSON本体

どちらのデザインでもシンプルで使いやすい設計です。
この後説明していきますが、Switchを接続するだけですぐに使えるのでおすすめ!

wol

ゲームキューブを模したデザインがとても良い!

Brook PowerBay/PowerBay Crimsonの使用感と特徴

PowerBayとPowerBay Crimsonを実際に使ってみての使用感や特徴をご紹介します!
※ゲームキューブコントローラー=GCコン

こんな機能をを紹介していきます!

  • 接続タップなしで直接GCコンが接続できる
  • テーブルモードでもGCコンが接続できる
  • 2つのUSBポート搭載で周辺機器もサポート
  • スタンドとしても活躍!3段階の角度調整

接続タップなしでGCコントローラーが接続できるSwitchドック

wol

まずは醍醐味でもあるGCコン接続機能!

任天堂の純正Switchドックには、GCコントローラーを接続するポートがありません。
そのため、別売りの接続タップを用意する必要があります。

Switch_GCコン接続

引用:任天堂公式サイトより

それに対し、今回紹介するPowerBayは、本体にGCコントローラーポートを備えているため、直接接続することができます。

POWERBAY_GCコンとホリコン接続

PowerBayでのGCコントローラー接続

USBポートもあるので、ホリコンも接続可能。GCコンと合わせて4つまで接続できてかなり便利です。

テーブルモードでもGCコントローラーが接続可能

Brook PowerBayは画面が隠れない設計になっており、接続してもSwitchをテーブルモードで遊ぶことができます。

POWERBAYとSwitchドックの接続比較

左:POWER BAY接続、右:Switchドック接続

SwitchでGCコントローラーやホリコンを使用する場合は、ドックに接続してTVモードで遊ぶ必要がありました。
しかし、PowerBayを使えばテーブルモードのままでもGCコントローラーを接続することができます。

POWERBAY テーブルモードでコントローラー接続

テーブルモードでのGCコントローラー接続

wol

純正のSwitchドックでは、接続時は画面が見えなくなるのでこの仕様は良いですね!

2つのUSBポートでスイッチ周辺機器もサポート

ゲームキューブコントローラーの接続が可能なだけでなく、HDMIポートが2つ付いているのでスイッチ周辺機器が接続可能です。

POWERBAY接続端子

左:POWER BAY前面、右:POWER BAY背面

GCコントローラーを4つ接続できる任天堂の接続タップに対し、こちらが接続できるのは2つまでなのでその点は注意。

wol

GCコン2つとホリコン2つとかで遊べますね!
PowerBayの接続端子

  • 2× GCコントローラーポート
  • 2× USBポート

有線接続でオンライン環境を向上

USBポートがあるということは、LANアダプターを用いた有線接続ももちろん可能です!
POWERBAY Switch有線接続

スマブラのようなオンラインゲームを遊ぶ場合は、接続環境の向上のために有線接続が推奨されています。
PowerBayは有線接続ができる点もかなりありがたい設計です!

wol

Switchドック自体にLANポートがついてくれればいいんだけどね!

3段階の角度調整が可能

PowerBayとCrimsonは簡易的な調整機能が備わっています。
POWERBAY角度調整

背面のパーツを外す

PowerBayとCrimsonの背面についている持ち手のような部分は着脱可能です。
POWERBAYの持ち手着脱

パーツを底面部に取り付け

外したパーツは本体底面の突起部分に取り付けることで、前と後ろを角度調整することができます。
POWERBAYの突起

これにより見やすい角度に調整することできます。
POWERBAYとCRIMSON_前方角度調整

POWERBAYとCRIMSON_後方角度調整

これにより、通常の状態と合わせて3段階の調整が可能となっています。
これでテーブルモードでのゲームプレイが快適に!
POWERBAY 3段階の角度調整

wol

Switchスタンドとしても優秀!

Brook POWERBAY/POWERBAY CRIMSONのまとめ

Brook POWERBAY_CRIMSON商品画像

Brook PowerBay/Crimsonの特徴

  • Bluetooth対応の通常版と非対応のCrimsonの2種類
  • 低遅延で安定接続
  • GCコントローラーを2つ接続可能
  • USBポートを2つ搭載
  • テーブルモードでも使用可能
  • テーブルモードで使いやすい角度調整機能
  • Bluetoothヘッドセットを接続可能(CRIMSONは不可)
  • Switch Liteも対応(TVへの出力は不可)

Brook PowerBayは今まで必要だった接続タップなしで、TVでもテーブルモードでもゲームキューブコントローラーが使えるSwitchドックです。

USB接続できるホリコンを使っているという方にもピッタリな、Switchドックの上位互換ともいえる製品になっています。

Blutooth対応のPowerBayが8,980円、Blutooth非対応のPowerBay Crimsonが6,980円です。

純正のSwitchドックは8,980円なので、「絶対に純正が良い」という方以外は、BrookのPowerBayがおすすめです!

wol

スマブラをGCコンで遊ぶ人はぜひ買ってみて!

コメントを残す