【日本語対応】おすすめ海外PS4ソフトをご紹介!

R6S用語集

レインボーシックスシージ(R6S)には多くの用語があります。
中にはシージに限らず他のゲームでも使用されるものが含まれますので、併せて覚えておきましょう。

A~Z

ADS

エイムしている状態のこと(Aim Down Sight)のこと。
シージにおいては、防衛オペレーター「イェーガー」のガジェット(Active Defence System)もADSと呼ぶ。

FF(フレンドリーファイヤー)

味方チームのプレイヤーを撃つこと。

TK(チームキル)

味方チームのプレイヤーをキルすること。
シージでは現在「リバースフレンドリーファイヤー」システムがあり、違反プレイヤーはマッチから除外される代わりに、味方に与えたダメージが自身に返るようになっている。

ア行

インジャー

負傷状態のこと。
「負傷した」という意味の英語「injured」から。

R6Sに限らず、キルの前にダウン状態が存在するゲームで使用される。

カ行

カスタムマッチ

試合の条件を自由に設定して行えるマッチのこと。

キャリー

強いプレイヤーがチームを引っ張って勝利すること。

クラッチ

ディフューザーを設置された後に、防衛が解除して勝つこと。
FPS全般では不利な状況からの逆転勝利を指す。

工事

壁に穴を開けること。
主に防衛側がインパクトグレネードやショットガンで防衛地点での移動をしやすくするために行う。

サ行

下げラン

あえて自分のランクを下げてランクマッチを行うこと。
または、極端にランクの低いフレンドを連れて、敵のランク帯を下げること。

タ行

突き上げ/突き下げ

下のフロアから上に向かって攻撃することを「突き上げ」、またその逆を「突き下げ」という。

ナ行

ノーリスク

建物の屋上にある落とし戸のこと。

ハ行

プラント

攻撃側がディフューザーを設置すること。単に「設置」ともいう。

マ行

マット/フロストマット

防衛オペレーター「フロスト」のガジェットのこと。
正式名称は「ウェルカムマット」。

餅つき

敵の補強壁の破壊をバンディットのショックワイヤーでタイミングよく壊すこと。
主にサッチャーのEMPを回避するために行われる。

ヤ行

遊撃

防衛側が防衛地点から離れた位置へ行くこと。
代表的な遊撃オペレーターは「カベイラ」。

攻撃側は遊撃に狩られないようにドローンで確認することが必要となる。

ラ行

ラぺリング/ラぺ

攻撃側が建物にフックをかけてぶら下がること。

ラぺリング中に逆さになって除いている状態は「逆ラぺ」、ラぺリングしている人を防衛側が倒すことを「ラぺ狩り」という。

ランクマ

ランクマッチの略。
カジュアルと違い、勝敗によってランクが変動する。

カジュアルでしっかりと練習をしてから行こう。

リーン

エイム時に体を斜めにして覗き込むこと。

ワ行

割職

補強壁を破壊できるオペレーターのこと。
「テルミット」や「ヒバナ」を指す。

優先度が高く、役割が勝敗に直結するのでとても重要。

コメントを残す