【Amazonプライム】1日あたり14円で動画見放題・音楽聴き放題・本読み放題

【MHWアイスボーン】クラッチクローの使い方と各アクションの効果

クラッチクロー

モンハンワールドアイスボーンの新要素「クラッチクロー」についての説明です。
クラッチクローをマスターして狩りを有利に進めましょう。

新アクション:クラッチクローとは


『モンハンワールド:アイスボーン』で追加された新アクションです。
全武器共通のスリンガーアクションで、中距離からモンスターにしがみつくことができます。

クラッチクローの射程

クラッチクローは、通常のモンハンワールドでは使用できず、『モンハンワールド:アイスボーン』購入後に追加されます。

クラッチクローの操作方法

クラッチクローは、抜刀中でも納刀中でも使用可能です。

抜刀・納刀中

ボタン操作アクション
L2 + 〇クラッチクローの発射

クラッチ中

L2 + 〇でモンスターにしがみついた後のアクションです。

ボタン操作アクション
武器攻撃
クロー攻撃
R2スリンガー全弾発射
Lスティック飛び移り
×降りる

モンスターのダウンを取れる「ぶっ飛ばし」

クラッチクローのメインがこの「ぶっ飛ばし」です。

頭部へのクラッチクロー中に「スリンガー全発射」で、モンスターを向いている方向にぶっ飛ばすことができます。

ぶっ飛ばしのメリット

  • モンスターを壁にぶつけることで大ダメージを与える
  • モンスターを壁にぶつけることでダウンを取れる
ぶっ飛ばしの注意点
ぶっ飛ばしは怒り状態のモンスターには無効なので注意

モンスターが壁の方を向いていない場合は、次に説明する「クロー攻撃」で向きを変えられます。

モンスターの向きを変えられる「クロー攻撃」

モンスターの向き変更

クラッチクローのアクションの中に「クロー攻撃」があります。
クラッチクローでモンスターの頭部にしがみつき、クロー攻撃を行うことでモンスターの向きを変えることができます。

ぶっ飛ばすためにモンスターを壁に向かせたい時に有効です。

クロー攻撃の注意点
クロー攻撃は怒り状態のモンスターには無効なので注意

モンスターの肉質を柔らかくする「武器攻撃」

クラッチクローのアクションの中に「武器攻撃」があります。
これは攻撃を与えたモンスターの部位に傷をつけて軟化させるという効果があります。

モンスター傷つき状態

モンスターの頭部に傷をつけた状態

このクラッチ中の「武器攻撃」は武器種によって傷のつけやすさが異なります。

モンスターに傷をつけやすい武器
1回でモンスターに傷をつけられる。

  • 大剣
  • ハンマー
  • 狩猟笛
  • ランス
  • スラアク
  • チャアク
  • ヘビィボウガン
モンスターに傷をつけにくい武器
2回でモンスターに傷をつけられる。

  • 片手剣
  • 双剣
  • 太刀
  • ガンランス
  • 操虫棍
  • ライトボウガン

モンスターに傷をつけやすい武器

大剣やハンマーなどの「モンスターに傷をつけやすい武器」について説明します。
これらの武器種は、1回のクラッチ中武器攻撃でモンスターに傷をつけることができます。

この「傷をつける」とはモンスターの部位を軟化させることであり、その部位へのダメージを増やして、弾かれづらくします。

クラッチで積極的にモンスターを軟化させて火力を出しやすくしましょう。
例えば、誰かがモンスターに乗っている場合は、倒れる前に傷をつけて、倒れた後一気にダメージを与えらるようにしましょう。

モンスターに傷をつけにくい武器

双剣や太刀などの「モンスターに傷をつけにくい武器」について説明します。
これらの武器でモンスターに傷をつけるには、2回のクラッチ中武器攻撃を行う必要があります。
その代わり、クラッチ中武器攻撃でモンスターからスリンガーの弾を落とさせる効果があります。

クラッチクローでは、スリンガーの弾を全発射してモンスターを壁にぶつけるということが可能になっています。
そのためのスリンガーの弾を、モンスターから取れるという便利な武器種なのです。

この「スリンガーの弾が取れる」がメインの効果なので、傷をつけるためには2回攻撃しなければいけません。

クラッチクローのまとめ

クラッチクローは「ぶっ飛ばし」と「肉質軟化」の2つがメインです。

・クラッチクローでしがみついて「クロー攻撃」で向きを変えて、「ぶっ飛ばし」でダウンさせる。
・クラッチクローでダメージを増やしたい部位にしがみついて、「武器攻撃」で傷をつける(軟化させる)。

狩りを効率よく、スピーディーにさせる新アクションが「クラッチクロー」です。
積極的に使っていきましょう!

コメントを残す