【Amazonプライム】1日あたり14円で動画見放題・音楽聴き放題・本読み放題

DORAGONQUEST YOUR STORYを観てきました!|軽いネタバレを含む感想

ドラクエユアストーリー

本日、2019年8月2日(金)「DAGONQUEST YOUR STORY(ドラゴンクエスト ユアストーリー)」を観てきました。
ゲーム関連の映画ということで感想を書いていきたいと思います。

ガッツリとしたネタバレはしませんが、勘の良い人なら分かってしまうかもしれません。
「何も知らない状態で観たい」という方は観終わったあとにまた来ていただければ幸いです。

DORAGONQUEST YOUR STORYはどんな映画?

ドラクエの中でも屈指の名作であり、人気の高い「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」をベースとした話です。
本編と同じく、主人公の幼少期から始まり、ミルドラースを倒すまでの親子3代の物語になっています。

幼少期、青年期、ブォーン戦、結婚、ゲマ戦などしっかり詰め込まれていました。

ちなみに主人公の名前は「リュカ」で、トンヌラではありません(笑)

評価は賛否両論

ユアストーリービアンカ

すでにSNSでも話題となっていますが、内容は賛否両論です。
見た感じ悪い評価の方が多いような気もしますが…。

元々ビアンカの見た目などキャラクターデザインや声に俳優の起用などで、前評判はあまりよくありませんでしたが、そういうところではない”映画の話の流れ”の面で不評が出ていますね。

どこが不評なの?


ユアストーリーは「ストーリーが秀逸なドラクエ5を映像として観れると思ったファン」からの不評が多いです。
詳しくは触れませんが、ゲームの「天空の花嫁」にはない、大どんでん返しがまさかすぎる内容だったからですね…。

もう一つはCMなどで”王道の熱すぎる物語のドラクエ5を映像化”ということを前に出しすぎたせいです。
CMを見る限り、「ドラクエ5の主人公の物語なんだろう」ということは分かりますが、先ほど述べた「大どんでん返し」があることは分かりません。

感想としては、”ドラクエ5ファン”は怒るかもしれないけど、”ドラクエを知らない人”、”単純に映画として観てる人”からしたら面白い作品だと思います!

有名俳優が多数出演

ユアストーリー声優

映画で俳優や芸人が声を担当することを嫌う人も多いと思います。
本職の声優さんに比べれば、上手ではなく声が浮いてしまっている場合が多いからです。

今回ユアストーリーでの登場人物の声を聞いた感想は「そんなに悪くないかな」です。
有村架純のビアンカは最初、違和感がありましたが聞いていくうちにデザインも含めて良いと思えました。

ユアストーリーパパス
その他だと山田孝之のパパスは少し声が若かったかなと思いました。パパスというキャラ的にももう少し老けた・あるいは威厳のある声でもよかったかも。

ユアストーリーゲマ
そして最後に吉田鋼太郎のゲマがすごくよかったです!丁寧なしゃべり方のゲマからは不気味さを感じ、一筋縄ではいかないボスキャラの風格が出ていました。

主人公・リュカ(声:佐藤健)
ビアンカ(声:有村架純)
フローラ(声:波瑠)
リュカの父親・パパス(声:山田孝之)
ヘンリー王子(声:坂口健太郎)
ブオーン(声:古田新太)
ゲマ(声:吉田鋼太郎)

ゲーム「ドラクエV 天空の花嫁」を遊んでみたくなった

実は今、絶賛ドラクエVをプレイ中なんです!
ちょうど幼少期が終わったところで止まっていて、それ以降の話を知りませんでした。

映画を観て改めて、「あのシーンはゲームではどうなんだろう?」と考え、早くゲームを進めたくなりました。
ドラクエVをプレイしていない方でも楽しめる作品になっていました(むしろやっていない方が楽しめるかも)。

スクウェア・エニックス
¥2,640 (2020/04/04 21:52:51時点 Amazon調べ-詳細)

ジョジョ4部映画
これは全く別の話なのですが、以前ジョジョの実写版の映画をやっていたのを覚えているでしょうか?
私はジョジョが好きで、映画化のベースとなった4部をすべて漫画とアニメで見ていました。

その映画をジョジョを知らない友人と観に行ったのですが、原作を知っている私の感想は「なんであのシーンをあんな風にしたんだろう」とか「原作と比べるとやっぱり微妙…」という感想でした。

しかし、ジョジョを知らない友人は「結構楽しめた」という感想だったのです。
原作を知らない方が、ファンでない方が、純粋に観れるのかもしれませんね。

実は映画を観る前にネタバレを少し見てしまった

これが良かったのか悪かったのか、5chのまとめかなんかで軽くネタバレが目に入ってしまったのです。
本記事の最初の方でも述べた「大どんでん返し」の部分もそこで知ってしまったので、「そんなまさか?さすがに嘘だよな?」と思ったのを覚えています。

だからこそ全くネタバレしてない人よりも”耐性”がついていたのかもしれません笑
ちなみにそのとき見たネタバレはあっていました。

でもネタバレを知っていても楽しむことができました。
そこに向かってどう進んでいくのかも気になりましたし、その後どのようにまとめるのかも気になったからです。

つまり”詳しすぎないネタバレは場合によっては興味を惹き立てる”ということです。

映画を観ているときのシアター内の反応

映画自体は非常によくできていたと思います、本編でもそうなっているのかは分かりませんが、伏線もしっかり張られていました。とても感心してしまうほどに。

あとは結構ギャグっぽいテイストになっていたと思います。見やすくて笑いもありました。
終盤のシーンでは会場が静まり返りました。恐らくみんな「え?まじ?」と思っていたのでしょう。

そして上映終了後、シアターを出ると「冷めたわー」という感想を多く聞きました。
私個人としてはその感想もあるけれど、ただそれだけじゃない良さがしっかりとあったと思います。

まとめ

ユアストーリー終盤
この記事を観た人はもしかすると「評判悪そうだし面白くないのかな」と感じたかもしれません。
ですが、私個人の感想は「最後も含めてすごく面白かった」です。

ドラクエファンから不評とも書きましたが、ドラクエファンにこそ見てほしい作品です。

作品を観終わった後にパンフレットも購入して、家でじっくり見ています笑

この記事を読んで少しでも気になった方は、ぜひ劇場へ!

ユアストーリーパンフレット

コメントを残す