【Amazonプライム】1日あたり14円で動画見放題・音楽聴き放題・本読み放題

【Death Strandingをレビュー】癖が強すぎる世界観の運び屋アクション【小島監督完全新作】

デスストランディングタイトル

どうも、wol( @GameMark555)です。

小島監督の新作「DEATH STRANDING(デスストランディング)」がついに発売ということで、さっそく購入してみました!

SNSで何となく見た「謎の手形と赤ちゃんが出てくる」くらいしか分からず、ゲーム内容を全く知らなかったので、やってみて初めてどんなゲームか知りました。

簡単に言うと、めっちゃ独特な世界観の世界で伝説の配達人が物を運ぶって感じでしょうか?

プロローグを終えた時点で書いていますので、そこまでの内容で感想を書きます!

デスストランディングとは


メタルギアシリーズでお馴染みの小島監督の完全新規のタイトルです。
企画・脚本・監督・ゲームデザインを小島監督が手掛けています。

ゲームジャンルはアクションゲームとなっています。

デス・ストランディングとは、「鯨やイルカが死んだ状態で海岸に打ち上げられる」という現象や座礁のことを指します。
ゲーム内のタイトルが出るシーンでも、鯨が大量にデス・ストランディングしていました。

小島監督によれば、「デス・ストランディング」は「ある世界」から「あるもの」が座礁することを意味するとのことです。

デスストランディングの感想

主人公は伝説の配達人

デスストランディングサム

主人公は “伝説の配達人” と呼ばれるサム・“ポーター”・ブリッジズです。
声は遊戯王の海馬などで有名な津田健次郎さんでした。

本作ではBTや時雨によって荒廃したアメリカが舞台になっています。
マップはオープンワールド形式で、プレイヤーはこのフィールドでクエストをこなしていきます。

wol

外に出る人が減ったことにより配達人の需要が高まった世界になっています!

特殊すぎる世界観

デスストランディングの魅力はなんといっても世界観です。
まさにオリジナリティの塊だと思います。

このレビューはプロローグを終えた時点で書いていますが、とにかく専門用語が多いです。

デスストランディングの用語(一部)

  • BT:「時雨が降っている時間・場所」に現れる姿の見えない存在。
  • 時雨(タイムフォール):触れたものの時を奪う雨。
  • BB(ブリッジベイビー):常人の目には見えないBTを、影のような形で見ることができるようになる。

wol

プロローグだけでもかなり詰め込まれていて、ストーリーを進めるうちに分かっていくんだなって感じでした。

物資を運ぶアクション

エリアを進むと荷物が落ちており、それを目的地まで運んでいきます。
見つけた荷物は、左右どちらかの手に持つか、背中に背負って運びます。

デスストランディングプロローグ

血液ゲージスタミナゲージがあり、スタミナゲージは踏ん張るアクションを行うと減っていき、止まると回復します。
プロローグでは、川を渡るのに踏ん張りが必要でした。
デスストランディング体力とスタミナ

目的地までの道中に見つけた荷物を片っ端から背中に積みました。
かなりバランスが悪くて、L2R2の同時押しでバランスを取らないと主人公がコケそうになりました。
デスストランディング荷物のバランス

まとめ

プロローグ終了時点での評価は“評価不能”です。
プロローグ自体は40分ほどで終わりましたが、半分以上がムービーでした。

操作したのは落ちてる荷物を見つけて、背負ってバランスとりながら目的地に運ぶだけだったので、このゲームの面白さはまだ分かりません。

ですが、この時点で「この先どうなるんだ?」とワクワクする方と、「ムービー多くて世界観に疲れた」という方に分かれるような気がしました。

多分ゲーム実況で見てしまうと、満足して買わない方が多そうなゲームです。

wol

プロローグ時点では「ムービーが面白いゲーム」なので、この先どうなるかが楽しみです!

コメントを残す